働きながら学ぶ ワーキングホリデー

日本とオーストラリア、ニュージーランド、その他の国々の政府間協定によって定められた制度です。 両国の若者(オーストラリア、ニュージーランドの場合は18~30歳)を相互に受入れ、 「相手国の文化や習慣などを 相互に理解する」ことを目的とした国際交流のための特別なビザで、最長1年間の滞在が認められています。 しかしながら、1ヶ国につき一生に一度しか取得することはできません。

(※オーストラリアの場合は、ワーキングホリデーで滞在中に3ヶ月以上、地方都市においてピッキングなどの ハーベスト関連の業務についた方なら、 2度目のワーキングホリデービザで、更に1年間の滞在が可能です。 ニュージーランドの場合は、移民局が指定する職種経験により、条件付きで3ヶ月の延長が可能です。)

海外生活を楽しく体験するための基本はまず語学。語学を習得するために語学学校に通うことができます。 また、同じ雇用主のもとで一定期間以上働けないという制限がありますが、滞在期間中の資金の一部を補うための アルバイトをすることができます。ゆっくりと時間をかけて旅行をしたり、さまざまなスポーツやアウトドアーアクティビティーに トライすることも貴重な体験となるでしょう。 現地の人々との交流を楽しみながら、「学ぶ」、「働く」、「旅する」を一度に満喫できる・・・ これがワーキングホリデーです。

1年間は長いようであっという間に過ぎてしまいます。有意義なワーキングホリデー生活のために、出発前に 色々な情報を収集しながら、ある程度自分なりのプ ランを立てておきましょう。

例えば、最初の4ヶ月間は語学学校で英語力のUpを目指す。 次の3ヶ月は現地の人とシェアをしながらアルバイトをする。
次は別の都市に移動してアルバイト。 最後に念願のバイクで周遊の旅をするなど・・・

オーストラリアならグレートバリアリーフでスキューバダイビングの資格を取る、ニュージーランドなら パウダースノーの銀世界で スノーボードを楽しむなど、目的や趣味に合わせたプランを立ててみましょう。

ビザの条件

オーストラリア

ニュージーランド

年齢制限

18~30歳の扶養する子供がいない方

18~30歳までの独身者または
子供を同伴しない既婚者

滞在期間

12ヶ月

12ヶ月

語学学校

4ヶ月間

6ヶ月間

就労

同一雇用主のもとで最高6ヶ月就労可

―――

申請先

オーストラリア大使館
http://www.australia.or.jp/

ニュージーランド大使館
http://www.nzembassy.com/japan

ワーキングホリデー協会  http://www.jawhm.or.jp/

ワーキングホリデーニュース

学校情報
費用について
ブログ
JATA日本旅行業協会 正会員
大阪府知事登録旅行業2-3045号
エース損害保険 代理店